植物性と動物性の乳酸菌を比較してみた

植物性と動物性の乳酸菌を比較してみた

乳酸菌には、2種類あります。動物性と呼ばれるタイプと、植物性があるのです。どちらも同じ乳酸菌ではありますが、色々と違いが見られるのですね。一般的には植物性の方が優秀と言われているのですが、それには動物性とは異なる特徴があるからです。

 

分解できる糖類に関する相違点

 

まず動物性と植物性には、分解する物に関する違いがあるのです。基本的には植物性の方が、多彩な物を分解する性質があります。
動物性の場合は、分解できる物は限られているのですね。いわゆる果糖だけを分解できる性質があるのです。

 

ところが植物性の場合は、多彩な糖類を分解する事ができるのです。例えばブドウ糖やショ糖などはおなじみの物質なのですが、植物性はそれを分解する事ができます。ちなみに動物性の場合は、それを分解する事はできません。その他にも麦芽糖なども分解できます。
参照先サイト>忙しい方のための善玉菌増やし方講座

 

つまり植物性の乳酸菌の方が、幅広い糖類を分解する事ができる訳です。まずこの点が、その2種類の菌類の主な違いの1つです。

 

生きていく事ができる場所に関する違い

 

それとその2つの菌類は、居住する場所に関する違いがあるのです。植物性の場合は、まさに植物の中で生育しているのですね。いわゆる漬物類の中に植物性の乳酸菌が含まれているのです。それに対して動物性の場合は、いわゆる乳製品の中に含まれています。
この居住環境に関する点が、その2つの乳酸菌の違いの2つ目になります。そして3つ目の違いとしては、生きていく事ができる環境の過酷さがあります。

 

まず動物性の乳酸菌の場合は、あまり過酷な環境では居住が難しい一面があります。そのタイプの菌類の場合、栄養分が多い場所に居住している傾向があるのですね。乳製品などは栄養価が高い訳ですが、そのような環境でないと生きていくのが難しいのです。

 

それに対して植物性の場合は、もっとタフなのです。なぜならかなり過酷な環境でも生きていく事ができます。例えば人間のお腹の中などは、かなり過酷な環境になります。また漬物類なども、かなり過酷な環境ですね。あれには多くの塩分が含まれていますが、それでもその乳酸菌は生きていく事ができます。

 

ですので植物性の乳酸菌は、人間の胃袋を通過しやすいのですね。経口摂取された乳酸菌は、胃袋の中の酸で溶かされてしまう事が多いのですが、植物性はそのような厳しい環境でも生きていく事ができます。ちなみに動物性は、ちょっと困難なのですね。ですのでタフさも、その2つの乳酸菌の主な違いの1つと言えるでしょう。